タフマ茶のススメ

最新のラフマ茶情報まとめ

このサイトでは、古くから中国で親しまれているハーブであるラフマとはどのような植物であるのかについて紹介しています。
中国の西部から極西部にかけて自生している植物で、日本では一般的ではないものですが、研究が進み中国では薬として認められるようになるなど、身近なものなのかもしれません。
サプリメントやお茶で摂取することが一般的ではありますが、お茶で摂取するだけではなく、茎の部分を織物として使用されることもあります。

ラフマとはどんなもの?

ラフマとはどんなもの? 「ラフマ」はキョウチクトウ科の植物で、砂地を好んで湿地に自生しています。
ラフマの葉は古くからお茶として飲まれており、飲んでいる人はそうではない人に比べて長寿の人が多いとも言われているようです。
日本では薬とは認められいませんが、中国では精神安定・風邪・高血圧・高コレステロールなどの症状に効果があるとされています。
どんな人に向いているのかというと、うつ状態である人・生活習慣病を予防したいと思っている人・喘息を予防したいという人です。
ラフマの根には強心作用があると言われており、適量であれば強心剤の役割を期待する事が出来ますが、過剰摂取をしてしまうと、心臓の収縮が強くなり、心拍数も少なくなってしまいますので、注意が必要です。

健康茶・ラフマとは、その概要について見てみよう。

健康茶・ラフマとは、その概要について見てみよう。 ラフマは羅布麻と書き、その漢字が表すように中国の黄河流域に自生する麻に似た植物です。
そしてラフマ茶とはそれを煮出してお茶にしたものを指すのです。
健康茶の一つとして、日本でも少しずつ人気が出てきています。
概要を見れば、現在の日本人にピッタリであることが分かるでしょう。
健康茶と呼ばれる以上はこれを服用することで何らかの健康効果が得られます。
具体的には、血圧やコレステロール値の低下・免疫力のアップ・老化防止・血液のサラサラ化・活性酵素の除去などで、生活習慣病として心当たりのある方が多い症状をすべて良い方向に持って行ってくれるのです。
ただ飲み続ければよいだけなので魔法の飲み物です。
栄養成分は豊富で、カルシウムや鉄分・ナトリウムといったミネラル類が豊富なのもこのお茶ならではの特徴です。
これらの成分はどれも日本人に不足しがちなものばかり、お茶だと食事とも合わせやすいです。
薬だと服用時間が決まっていますが、ラフマはいつ飲んでも大丈夫です。
茶と付いているもののカフェインが含まれていないため夜寝る前でも睡眠に影響することはありません。
今日から試してみませんか、とにかく毎日続けることこそが健康への近道です。

心の健康に関する情報リンク

ラフマ